ミュゼプラチナムの裏事情 TOP » ミュゼの疑問 » 未成年が予約する場合

未成年が予約する場合

p-12脱毛というのは何も大人だけがしたい物ではありません。
未成年でもムダ毛に悩んでいる人は多くいるのです。
逆に、多感な年頃だと、余計にムダ毛に悩むのかもしれません。
毛深いと身体のあちこちにムダ毛が出てきて、気なってしまうものでしょう。
学校で集団生活をしていると、多くの同年代と比較してしまって、悩みは深くなる一方です。
 
そうした場合にサロンでの脱毛というのは有効な手段となります。
脱毛には様々な方法がありますが、ニードル式やレーザー脱毛では、刺激が強すぎて子供向きではありません。
針を毛穴に刺すニードル式では一時的にせよ腫れたり発疹が出来る可能性があります。
強いレーザーを肌に当てるとレーザー脱毛では、やけどやシミが出来る事があります。
どちらも子供向きではありません。
 
刺激の強くないサロンでの光脱毛が、未成年に向いていると言えるでしょう。
特に、ミュゼのS.S.C.式光脱毛では、ジェルを使って刺激の少ない脱毛が出来るので、より安心して施術を受ける事が出来ます。
 
そうしてミュゼで脱毛をしようと考えた未成年は、どうすれば良いのでしょうか。
未成年が脱毛の施術を受ける場合、親権者の同意書が必要になります。
初めての来店日である無料カウンセリングの際には親権者と来店するようにしましょう。
親権者の自筆による署名・捺印が必要となります。
もし同伴できない場合は当日の契約は出来ません。
同意書を持ち帰り、書類作成の上で再度来店する必要があります。

 

 

このページの先頭へ